メリロートに含まれる成分は?

豊富な種類が売られているサプリメントですが、健康や美容を気遣っている方はメリロートという名前を聞いた事があるのではないでしょうか。

メリロートによる効果は主に、下肢のむくみ・痛み・リンパの流れの改善や、抗炎症などがあります。そのため立ち仕事や長時間同じ姿勢をとる事による足のむくみなど、ボディラインが気になる女性に注目されています。

このむくみを解消する成分は、メリロートに含まれているクマリン(別名メリロートシド)です。クマリンは植物に含まれる植物性ポリフェノールですが、過剰摂取すると肝臓に負担をかけるので、一日の摂取量を4%以上超えないようにしましょう。

他にもメリロートに含まれるジクマロールとサポニン類には抗血液凝固作用があり、さらにサポニン類には糖分や脂肪の吸収を抑える効果があります。

しかし、病院から抗血液凝固など血栓対策のお薬をもらっている方は、メリロートにも同様の効果があるため、成分の過剰摂取になり身体に負担をかけてしまい危険です。

サプリメントの方を辞めるか、病院に相談しましょう。メリロート自体は、一日に300mg以上摂取しない方が良いとされています。植物性の成分であっても、摂取し過ぎると身体に害になってしまう事もあります。

メリロートを飲んでいる方は、基準量を超えていないかをチェックしてみましょう。何事も適量を考え、サプリメントと上手に付き合っていきましょう。

コメントは受け付けていません。