‘未分類’ カテゴリー

薬との併用について

血液をサラサラにするサプリメントを使用している人が少なくありませんが、実は使い方が非常に難しいのです。

私たちが日常的に服用する医薬品や病院で医師から処方される薬の中には、血液を固まりにくくする作用(抗凝固作用)を持つものがあります。

血液サラサラ系のサプリと一緒に飲むと、脳出血などを引き起こしたり、ケガをしたときに血が止まりにくくなったりします。

医薬品で抗凝固作用を持つものには、市販薬では、アスピリン、セデス、イブ、バファリン、ロキソニンなどがあります。

医師が処方する薬の中に抗血栓薬があれば、血液サラサラ系サプリとの併用は危険です。

一例としてエパデールがあります。
この薬はEPAを1錠に600mg含有しています。1日で1800mgのEPAが取れます。
サプリのEPAは300~600mgです。医薬品と比べると含有量的には病気の予防にはなっても、治療効果は期待できず気休めですが、エパデールと同時に使用し、長期過剰摂取状態が続くと、血がサラサラになりすぎて、大変危険です。

実際に、エパデール服用中にEPAを使用し、脳外科専門医がびっくりするくらいの大きな脳出血となった人もいます。

また、血液サラサラ系のサプリだとは書いていなくても、抗凝固作用を有するサプリもあります。

例えば、ビタミンE、イチョウ(ギンコ)、高麗人参(ジンセン)、ショウガ(ジンジャー)、アロエ、魚油(フィッシュオイル)、ドンクアイ(当帰)、ニンニク(ガーリック)などが、一例です。

薬を服用中の人がサプリを使用を考えた時は、必ず医師に相談してください。サプリと同じ成分で、サプリよりもずっと安価で安全な医薬品もあります。

副作用はあるのか

シナモンロールやシナモンティー、アップルパイなどの香辛料として使われるシナモン。特に女性に人気のスパイスですが、実は美容や健康にも良いことが判明、サプリメントで摂取する人も増えているのです。
                                            

香りを嗅ぐことで脳の認知機能や記憶力を高めたり、鎮痛効果、服などの虫よけ効果、インシュリンの能力を3倍にすることからダイエット効果、生理痛の緩和、ニキビの撃退、膀胱炎の防止、食物防止剤などと非常に多くの効果が期待できるのがシナモンなのです。しかし、気を付けたいこともあります。それは副作用です。
                                        

シナモンのあの独特な香りの成分はクマリンによるものですが、このクマリンの過剰摂取は肝障害起こす恐れがあることがわかっています。ドイツの公的機関によると、一生摂取し続けても症状が出ないという意味での1日の耐用許容量は、体重1kgあたり0.1mgと言われています。つまり体重60kgであれば1日に6mgまでとなるのです。
                                          

資生堂の研究によると毛細血管の回復効果に必要な量は1日に600mgと言われているので、この程度に抑えておくのがいいでしょう。食品に含まれている程度の量の摂取では全く問題はないので安心してください。ただ、サプリメントは成分が凝縮されています。そのためサプリメントの過剰摂取はくれぐれもご注意ください。

手軽にサプリメントで摂取する

必要な栄養素を毎日食事でとることはなかなか難しいものです。美しい誰もが憧れる肌を手に入れるためには栄養をしっかりととることがとても大切です。
    
                                        食事からとろうと思うと、野菜を何種類も食べる必要があって忙しいと摂取することはとてもできません。忙しくて食事をつくる暇がなくても美肌を手に入れるために手助けしてくれるのが、サプリメントです。ドラッグストアやインターネット、さらにはコンビニでも手軽に購入することができます。
}PgžxQ
                                        そして必要な栄養素を簡単にとることができるので、無理なく続けることも可能です。めんどくさがりな方でも、簡単に摂取することができるので誰でも手軽にはじめることができることが魅力です。
                                                  

最近肌がくすんできた、シミやニキビができてしまったなど肌のトラブルで悩んでいるならば、必要な栄養素を選んで無理なく取り入れることができます。忙しい日々が続いても、自分の都合のつくときにサッと飲むだけなのでとっても手軽です。
                                                  

わざわざ病院に行って薬を処方してもらったり、治療をしてもらったりといった必要もありません。女性の強い味方で、価格も安くて手に入れやすいので、美しく憧れの存在となりたいならば利用するべきです。

メリロートを含む食品は?

メリロートは、マメ科の植物でアジアやヨーロッパ等で分布しているハーブの一種です。
有効成分のクマリンが配合されており、クマリンには血管を拡張して血行をよくする作用があり、血液の流れをよくする事が出来るので体の水分やリンパ液の流れも良くする事が出来ます。
                         

むくみやセルライト解消効果があるとされています。メリロートはヨーロッパでは医薬品としても使われているので、安心して利用する事が出来ます。メリロートが配合されているサプリメント等も色々な会社から販売されているので、手軽に摂取する事が出来ます。
クマリンは、ポリフェノールに分類される香り成分です。せり科やミカン科等に多く含まれています。
                

クマリンが配合されているのは、メリロートだけではありません。クマリンは、植物に広く含まれており桜餅の桜の葉の香り成分やパセリや明日葉等にもクマリンが含まれています。
                              

クマリンは植物が生きている間はクマリン配糖体という形で存在しており、独特の香りを感じる事はありませんが、クマリンと糖が結合した時に独特の香りを感じる事が出来ます。干し草にもクマリンは配合されており、太陽に当てて干す事によって干し草の香りを感じる事ができます。

効果的に摂取する方法

美肌に効果的とされている成分は数多くありますが、これらの成分はどの程度の量を摂取すればよいのでしょうか。成分によっては過剰摂取することで身体に害を及ぼすものもありますので1日の摂取量は間違えないようにしてください。

まず美肌の良い成分の代表格であるヒアルロン酸とコラーゲンですが、ヒアルロン酸は保湿力が高く、水分が豊富です。ですので年齢によって必要な摂取量が変わってきます。

まず20代から40代までの方は250mg~400mgまでとなっていて、40代を過ぎた方は400mg以上となっています。やはり年齢を重ねるごとに体の水分量が減ることから、このような量となっているようです。

次にコラーゲンですが、こちらは年齢は関係なく3000mg~5000mgまでとなっています。そのほかには美白効果やアンチエイジング効果などが期待できるプラセンタは300mg~500mgとなっていて、アミノ酸は体重1kgに対して1g~1.2gが目安となっています。

肌に良い成分としてはビタミンCやビタミンA、ビタミンEといったビタミンも効果的ですが、これらの成分も摂取量は定められていますが、余分に摂取されてビタミンは尿から排出されますので、摂り過ぎても問題ありません。

これらの成分を数日間摂取したからといって変わるわけではありません。本当に効果を得たいのであれば継続して摂取することが必要となります。

冷え性改善する効果

冷え性の原因の一つに血行不良があります。寒さなどが影響して血管が収縮してしまい、血流が鈍くなってしまうのです。

この状況を改善するためには、体を温めることが大切です。おすすめなのは、足湯に入ることです。入浴であれば一日に何度もするわけにはいかないのですが、足湯であれば何度も入っても心臓などへの負担がほとんどありません。

足湯に入ることで、最初に足がよく温まります。そして血液の流れがよくなり、全身へと回るようになります。足だけの入浴であるにもかかわらず、全身がぽかぽかに温まります。

不思議なようなことですが、効果はすぐに実感できます。頭寒足熱と言われるように、足を温めることは全身を温めるためにとても役に立ちます。

血行不良の状態が継続するときには、様々な病気を併発する恐れがあります。体の冷えだけでは済まされないこともあります。そのため、普段から入浴や半身浴なども行って、新陳代謝を高めるようにすることが必要です。

適度な運動をして汗をかくことも効果的です。体が冷えやすい人は、暑い時でもよい汗がかけないことが多いのです。汗を上手にかけるようになれば、体温の調整がしやすくなり、冷えやすい体も温まりやすくなります。

ダイエット効果はあるのか

体型の悩みは人それぞれ違いますが、女性は下半身太りに悩む人が多く、その原因も脂肪だけではなく、むくみもあげられます。

余計な水分の排出に良いとされる成分にも多くの種類がありますが、メリロートもむくみを改善する成分として知られています。

マネ科の二年草で、サプリメントやハーブティーなどに加工されていますが、リンパの流れを良くして、体の余計な水分を体外に排出しやすくなるとされています。
}PgžxQ
有効成分はクマリンとなっており、リンパの流れを改善するのはもちろん、血液の凝固を防ぐ働きもあり、血液をさらさらにしてくれるのにも役立ちます。
そして医療機関で抗凝固剤を処方されている場合は、利用については医師に相談しておきましょう。

そして、むくみが解消されると気になる足の太さなどもかなり改善されますのでダイエット効果も期待することができます。

ただ、メリロートの場合は、あくまで体内に溜まった余計な水分を排出するものであり、脂肪を減らす効果はないということはよく理解しておきましょう。

むくみを改善することで、下半身をすっきりさせる効果はありますが、脂肪を燃焼させたり、体重を大きく落とすようなものではありませんので、運動や食事制限などの努力も合わせて行っていきましょう。

むくみ改善する効果

体の悩みも人により違いがありますが、女性はむくみに悩んでいる人も少なくありません。
余計な水分や老廃物が体内に溜まってしまうこともあり、下半身が太く見えてしまったり、冷えやすくなる、セルライトの原因となってしまうこともあります。

さらに朝起きたときに顔が膨れたようになっていることで悩まれている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

}PgžxQ
こうした悩みを解消するためには血行やリンパの流れを良くすることも大事ですので、体をしめつける下着などは避けたり、マッサージなどを行う、体を温めるなどで改善していきましょう。
座りっぱなしや立ちっぱなしなどもよくありませんので、デスクワークや立ち仕事をされている方は積極的に運動を取り入れ、体を動かしていくことも大事です。

そして、体の余計な水分や老廃物を排出しやすくなる成分も取り入れていきたいですが、その代表的なものにクマリンがあげられます。

明日葉などに含まれているポリフェノールの一種で、血流やリンパの流れを良くし、余計な水分を体外に排出するのに役立ってくれます。

サプリメントや健康茶などを利用すれば、手軽に摂取することができますので、対策に役立てていきましょう。
薬のような急激な効果ではないので、安心して利用することができます。

メリロートに含まれる成分は?

豊富な種類が売られているサプリメントですが、健康や美容を気遣っている方はメリロートという名前を聞いた事があるのではないでしょうか。

メリロートによる効果は主に、下肢のむくみ・痛み・リンパの流れの改善や、抗炎症などがあります。そのため立ち仕事や長時間同じ姿勢をとる事による足のむくみなど、ボディラインが気になる女性に注目されています。

このむくみを解消する成分は、メリロートに含まれているクマリン(別名メリロートシド)です。クマリンは植物に含まれる植物性ポリフェノールですが、過剰摂取すると肝臓に負担をかけるので、一日の摂取量を4%以上超えないようにしましょう。

他にもメリロートに含まれるジクマロールとサポニン類には抗血液凝固作用があり、さらにサポニン類には糖分や脂肪の吸収を抑える効果があります。

しかし、病院から抗血液凝固など血栓対策のお薬をもらっている方は、メリロートにも同様の効果があるため、成分の過剰摂取になり身体に負担をかけてしまい危険です。

サプリメントの方を辞めるか、病院に相談しましょう。メリロート自体は、一日に300mg以上摂取しない方が良いとされています。植物性の成分であっても、摂取し過ぎると身体に害になってしまう事もあります。

メリロートを飲んでいる方は、基準量を超えていないかをチェックしてみましょう。何事も適量を考え、サプリメントと上手に付き合っていきましょう。