値引き交渉をしたいのならば、提示された金額を「安い」と感じてはいけません。知識がないとそう錯覚することもあるので、前もって相場を調べておきましょう。また他にも、低価格の業者を何件かピックアップしておきましょう。「絶対に安価で引っ越す」という意気込みを持って臨みましょう。また、見積もりを取りたいときには、いきなり会社に行かないようにして下さい。その場で契約の流れになってしまうこともあるからです。まずは電話で「他のところと迷っているのですが、とりあえず見積もりをしてもらってよいでしょうか?」などと聞いて、OKが出てから赴いて下さい。

引越しの値引き交渉をしている時に、自分の欲しいサービスまで外してしまわないように気をつけましょう。そのためにも、何が必要かを明確にしておいて下さい。例えば梱包作業や、特典にお金がかかっている場合、それらをなくして値段を下げてもらったりします。その時に、自分に合ったものだけを残せるように、話をして下さい。たまに「セット価格なので、単品ではできません」と断られることが有ります。そういう時は他で割り引けないか、よく見なおして下さい。なお値切りには、多少の話術が要るので頑張ってください。